人間はあまりに早いことが処理できなかったりする。セーブボタンを押したときに、最近のPCやクラウドでは0.1秒でデータがセーブできる。0.1秒の間に「セーブ中」「セーブ完了」と表示されてもユーザーには伝わらない。むしろユーザーは「これ、本当にセーブできたのかな」と不安になる。そういうとき、実際のセーブが0.1秒で終わったとしても、わざわざ0.3秒くらいかけて「セーブしています」と砂時計をくるくるまわしたり、「セーブ完了しました」という表示を出したあとに、0.5秒くらいかけてふわっと消えるような表現をすることで、ユーザーに「ああ、コンピュータはちゃんと仕事をしてるんだな」とわかってもらえる。

fladdictさんが考える「手触りのあるアプリ」(前編) iOS 7のフラットデザインと、これからのUIデザイン (3/3):MarkeZine(マーケジン) (via mi2hy)

こういうの!

(via ttttttext)

(via an-k)

妻の美術手帖を読んでたら「アイデアを具現化するプロセスはただの単純労働だから、単純労働に耐えうるべきテーマかどうか自分で精査しなければならない」という村上隆の言葉が紹介されていて琴線に触れた。 Twitter / nishio (via gearmann)

(via an-k)

上司から体調管理くらいしっかりしろよと言われた。
なにこれ?俺が悪いの?
車に轢かれたから仕事やすんだ結果・・・・・・・・ - 【2ch】ニュー速クオリティ (via darylfranz)

(via yaruo)

茶の湯の世界では、「おもてなし」には、下記の3つの原則があるという。

1.準備を整えて客を待つ(仕度の原則)
2.くつろげる空間を演出する(しつらえの原則)
3.ゲームのルールを共有する(仕掛けの原則)

 おもてなしは、まずは主人が取り仕切ることからはじまる。主人は、準備を行い、空間を演出し、客をまつ。あらかじめ前もって行う準備のことを「用意」という。

 しかし、おもてなしの本質は「主人」だけにあるのではない。上記3のルールを共有した「客」と「主客一体」になって、相互行為として達成される、というところが最大のポイントである。これを「卒意」という。

 おもてなしには、「用意」と「卒意」が必要である。つまりは、主人と客が、アドホックに機転を利かして場を構成する。

 おもてなしが成功するかどうかは、主人だけにかかっているのではない。主人と客のインタラクションの中に、おもてなしがある。

 「主人と客がともに一回かぎりの機会を思いやりをもって取り組もう」という「一期一会」、それにより「主人と客が心が通い合う状態」が生まれる「一座建立」は、こうしたインタラクションによって達成される。

  ▼

 これは、おそらく、演芸や茶の湯といった世界だけに言えることではない。
 フォーラム、セミナー、ワークショップというものでも同じだろう。きちんと主催者側が準備をしても、「お客さんが卒意をきかせてくれない場合」には、「よい場」にはならない。

 もちろん、そもそも「用意」ができていない準備不足のイベントは多々ある。そういうものは論外にしても、いくら準備をしても、その場の成功は、主人だけで決定されるわけではない。

 イベントを経験して、「あんまり面白くなかった」と感想を述べるのは簡単だ。

 しかし、その場の構成のため、
     あなたは「何」をしたのだ?

 そういうことを考えてみる必要があると思う。

NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 噺家さんとお客さん (via clione)

社会のいろいろなところであてはまる話。

(via h-yamaguchi) (via motomocomo)

(via ujitomo) (via chronochrono) (via takaakik) (via ninjatottori) (via yellowblog) (via pinto) 2009-11-20 (via gkojay) (via bo-rude) (via nnmrblgksk) (via shortcutss) (via a2onaka) (via miewnyao) (via gkojax) (via yaruo)
「Googleで調べるとき、Googleもまたこちらを調べているのだ」 Twitter / tsumuri_f5 (via vivit-jc)

(via yaruo)

学校に通っていたころ、大人になったら何になりたいかを紙に書かされた。僕は「幸せになりたい」と書いた。すると教師から、「質問の意味がわかってない」と言われた。僕は、「そういうあなたは、人生の意味がわかってないんだ」と言った。 — John Lennon (via borcaro)

(via yaruo)

pedalfar:

Satomi Ishihara : 石原 さとみ

pedalfar:

Satomi Ishihara : 石原 さとみ

(via an-k)

学生時代に「読んで納得する本ではなく、読んで疑問が湧いてくるのがいい本」と先生に言われた 「人を動かしたい」について改めて考えてみた。|from_NY 山本直人のブログ (via jutememo)

(via an-k)